HOME > プロフィール
 

プロフィール

柴田恭子
美しいオリジナル顔型とハイレベルな技術指導

日本レースドール協会本部である 柴田恭子レースドール教室では、最高品質の材料を用いて、お人形を作っていただきたいと思っております。

数多くのモールド(石膏型)と美しいオリジナル顔&可愛らしいポーズのお人形型を沢山デザインして作っております。
また、美しい柄のレースも沢山揃えています。

”いつかお教室を”と考えている方、今現在お教室を開いている方でも、
資格を取得する事によって、オリジナル型を購入することができますので、どうぞお気軽にご相談ください。
見学体験も歓迎しております。

日本レースドール協会本部
柴田 恭子


独自のオリジナル型を毎月数体制作し、レースドールと型作り(モールド)に専念しています。

経歴

1977年
全日空スチュワーデス退社
1999年
TBS ジャスト”マダムに会いたい”にてアトリエ紹介
2000年
エレングロム女史より資格認定 教室開講
2001年
アメリカドールショー(ICA)初出品 プロフェッショナル 第1位
2002年
アメリカドールショー(ICA) プロフェッショナル 第1位
2005年
アメリカドールショー(DAG) プロフェッショナル 第1位
2006年
TV東京”素敵にカリスマダム”にてアトリエ紹介
2006年
日本レースドール協会設立会長就任
2007年
韓国レースドール友好親善指導
2009年
J-COM テレビ出演 アトリエ紹介
2009年
吉祥寺美術館にて日本最大レースドール展開催
2011年
ロシア国際芸術祭出展 エルミタージュ美術館学芸員に高い評価を得る
現在
アトリエ柴田教室主宰/個展及び生徒作品展12回/他 新聞・雑誌にて多数紹介


柴田恭子受賞作品

柴田恭子受賞作品
柴田恭子受賞作品
柴田恭子受賞作品


作品へのコメントを頂きました

会長柴田の作品は、日本で初めて世界三大美術館であるエルミタージュ美術館学芸員よりコメントを頂きました。

柴田恭子氏の作品から感じたものは、白のドレスに代表される純潔さと、バラの花に代表される高貴さです。

レースドールという非常に細かくデリケートな仕事によって完成された人形は、観る者を幸せな気分にさせてくれます。

白のドレスを作る技術もさることながら、この作品にアクセントを与えているのは、周りに広がるピンクのバラたち。

バラの芳香に包まれた女性は、少し首をかしげて考えにふけっているようですが、その表情からは幸せな雰囲気を充分に感じ取ることができます。

【 エルミタージュ美術館学芸員 アレクセイ・ボゴリュボフ 】



人形の息遣い、ドレスの生地の軽やかな動きがよく表現されています。

ドレスは体のラインの美しさを強調しており、丸みを帯びたやわらかい女性のイメージが目を引きます。

バラの花も効果的に配置され、とても上品で可憐な作品です。

命が吹き込まれた人形の体からは、光が放たれているように見えます。

首を少し傾げていますが、幸せに溢れた女性の心が託されています。

実直に愛情深く人形創作に励んでこられた作者自身の塊が刻まれているのでしょう。

【 マリ・エル共和国立美術館ナショナル・ギャラリー館長  ボルナショワ・イレーナ 】


サービスに関するご質問・お問い合わせ メールでのお問い合わせ

日本レースドール協会本部
柴田恭子レースドール教室

東京都練馬区関町南
最寄り駅:吉祥寺駅または上石神井駅よりバス7分
駐車場:有 1日800円

Copyright© 2014 – ‘2017’ kyokodoll All Rights Reserved.